有名ED治療薬のバイアグラ取り扱い方

viagra

バイアグラは1990年代前半に狭心症の治療薬として開発されました。

しかし、本来の効果があまり望めない事が分かり薬を回収しようとしたところ、譲って欲しいとの申し出があった為、理由を聞いたところ勃起作用がある事が分かった事が始まりでした。

その後勃起不全治療薬として再開発され、バイアグラとして販売される事となりました。

米国では1998年に日本では1999年に発売され、以来絶大なる人気を誇るED治療薬として認知されるようになりました。

服用量は成人で1回1錠、多量に飲んでも効果は変わらず、服用間隔は24時間以上開けるようにします。

知人40代男性は、なかなか勃起せず、また勃起してもすぐ疲れて萎えてしまう症状が続きました。

そしてバイアグラを服用する事にしたところ、服用して15分で勃起したそうです。そして再び2〜3時間の性行為が可能となったそうです。

次回にバイアグラ無しで性行為したら勃起できたそうで、理由は分かりませんが成分が体内に残っていたかもしれません。

viagra

知人はバイアグラを服用して1〜2時間は持続するので、行為自体をゆっくりと相手を思いやる余裕を持ちながら楽しむ事にしているそうです。

バイアグラには後発医薬品がたくさんつくられています。

人気があるバイアグラのジェネリック薬はカマグラ、シルデナフィル、ペネグラ、カベルタ、ベガなどです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ