サビトラの特徴を紹介します

サビトラ2

サビトラはレビトラのジェネリック医薬品です。

有効成分はレビトラと同じバルデナフィルです。

サビトラは現在2種類販売されていて、サビトラ10mg(バルデナフィルを10mg配合)と、サビトラ20mg(バルデナフィルを20mg配合)です。

2つの違いは有効成分の量に準じて、効果の強さに出てきます。

使いはじめは10mgから始めることをおすすめします。

効果

カップル

効果の持続時間がバイアグラが5時間に対して、サビトラは8~10時間と長くなっています。

また、服用すると他のED治療薬よりも早く15分ほどで効果が表れます。

性行為の30~1時間前に飲むようにしましょう。

また、ほかのED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいところもポイントです。

使用方法

1日1錠を、性行為の30分~1時間前に服用して下さい。

次の服用までは必ず24時間以上空けて下さい。

副作用

医者

主な副作用は、目の充血・頭痛・めまい・消化不良などがです。

いずれも一時的なもので通常は数時間ほどすると治ってきます。

個人差があるのでなにもない人もいますが、重い症状が続く人は服用を中止してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ